糖尿病の概要

更新記事一覧

オススメサイト紹介

糖尿病関連サイト

管理人自己紹介

糖尿病の概要

血のブドウ糖密度(血糖値、血糖)は、常に恒常的な範囲でいろいろなホルモン類
(インシュリン、グルカゴン、コルチゾール)の機能によって、常態で管理されます。
この調整メカニズムがいろいろな理由によって故障するとき、血の砂糖は異常に増加して
糖尿病を患います。


糖尿病は大いにタイプ1とタイプ2に分けられます。
しかし、これはこの調整メカニズムの故障のスタイルの違いを表します。
すい臓のβ細胞が何らかの理由によって破壊されるので、血糖値を管理するホルモン類の1つである
インシュリンは、タイプI真性糖尿病のために乾燥して、hyperglycosemia(糖尿病)に着きます。
他方、タイプ2糖尿病のために、インシュリンは血の中に存在します。


しかし、原因または自己免疫で、破壊された肥満でなかったので、インシュリンの機能は悪化します。
しかし、すい臓のβ細胞からのインシュリン分泌量は減少します。
そして、その結果、血糖値の調整に成功することなく糖尿病です。
そのうえ、妊娠糖尿病と、これらを束にしている糖尿病に関しては、症候群を含む始まりメカニズムの
違いに基づく病気のいくらかの名前があります。
そして、そしてそれは言います病気の名前でよりもむしろ適切です。

copyright(C)闘え!糖尿病!